費用と得られるメリットを考える

『債権者』という立場から見れば、当然、債権のことについて訴訟を起こされたくはない、と考えます。しかし、もしかすると特別な事情により、支払いができない状況が続いており、それが心理的な負担になって、連絡が取れない状況が続いているのかもしれません。『請求』する側から見てみると、債権を回収できていないということは、もちろん損失状態となっていますからそのような状況が続くのは芳しくありませんから、一刻も早く債権を回収したいと思っています。

しかし、方法によってはさらに事態を悪化させてしまうことがありますから、すぐに訴訟、差し押さえ、強制執行、という訳にも行きません。できればすぐに支払えないとしても、相談によってベストな方法を模索したい、と思っています。

弁護士に債権回収が依頼できることを知っておくなら、請求を行っている側は、負担や費用を軽減することができます。債務を抱えている側が、請求を行っている側が弁護士に依頼したということが分かれば、今すぐではありませんが、最終的には訴訟を起こす準備ができているということを知り、何かしら対応が求められることを知ることができます。弁護士に依頼するということは、このようなメリットもあります。

強制執行となった場合

その『強制的な手段』と言えるのが、『強制執行』という方法です。言葉だけでも、耳にしたことがあるかもしれません。例えば私達が負債を抱えている側だとして、それをどのような形においても返済が難しい状況にあるとします。しかし、仕事は続けており、生活は何とか行えているような状況です。

本来、返済できないからと言ってすぐに裁判に発展することはなく、きちんと相談すれば今後の対応や返済に関して、新たな見通しを立てることができるかもしれません。しかし、私達がそういった対応すらしないのであれば、相手側は、やむなく訴訟を起こさざるを得なくなります。もしその訴訟に関して私達の側に異議が無いのであればその訴訟は続けられることになり、最終的に私達の給与から天引きされるという形で強制執行になることがあります。

これはもちろん例外もありますし、裁判が取り下げられることも多くあります。そして、重要なのはこれら一連の手続きに関して、費用や多くの手間が掛かるということです。例えば、債権者から見れば『弁護士からの通達』が届くことがあります。それは、いわゆる『内容証明』というもので、法的な拘束力自体はありませんが、より強いメッセージ性を持つものとなります。

なぜ債権が『回収』できなくなるか

弁護士に相談する内容自体に関しては、私たち消費者側の観点から見ると、いろいろ思いつくかもしれません。結婚や離婚に関して、また相続のトラブルに関して、そういった問題は起こりうることですから、そういった時に弁護士に頼ることができる、というのも分かります。それに、もし私達が何らかの「負債」を抱えており、その返済に困っている時も、弁護士に頼ることができるかもしれません。今保有している負債を大幅に減少させ、新たに無理のない返済計画を立てるのです。

しかし、弁護士に依頼することがあるのは、その『負債を抱えている側』だけではありません。『負債を(支払うよう)請求する側』も、弁護士に依頼することがあります。それはなぜでしょうか。もう一度、私達の観点から考えてみましょう。本来私達が保有している負債は、当然帰すべきものです。

しかし、負債が返せない状況というのは、借りている相手方にとっては、どのような状況でしょうか。それは、『負債(債権)が回収できない状態』と言えます。この時、債権者がどのような対応をするかによって、その後に裁判に発展することもあります。負債を支払う意志が無いのであれば、最終的に法に則って強制的な手段を下されることもあります。

債権回収と弁護士

時々見かける弁護士事務所の広告…それを見て、何か相談したいことがあるとしても、相談を躊躇してしまうことがあるでしょうか。私達が自分自身の中で抱える悩みは、それ自体がそこまで大した問題ではなかったとしても、長期化するにつれて、どんどん良くない方向に考えが向いて行ってしまうことがあります。

考えることは良いことですが、あまりにも長い時間それについて考えていると、どのような方法を取るのが、ベストな選択なのか、という点が分からなくなってしまうかもしれません。結果的に、自分にとって不利な選択をしてしまうことがあります。ですから、そういった考えになってしまう前に、誰か頼れる人に相談することによって、そのような状況から抜け出せるかもしれません。

私達にとって何かを相談することができる相手とは、友人や家族、そういった身近な存在かもしれませんが、そういった存在だからこそ、相談したくない、ということもあるでしょう。知られたくないことも誰にだってありますし、それがお金の事であればなおさら、親しい人には知られたくない、ということだってあります。私達はそういった時に、弁護士という存在に、頼ることができるかもしれません。主に法的トラブルを解決するために、弁護士は大いに私達の助けになってくれます。今までそういった相談相手がいる、という事すら知らなかった、という方には、ぜひ弁護士という相談相手がいる、ということを知っていただきたいものです。