強制執行となった場合

その『強制的な手段』と言えるのが、『強制執行』という方法です。言葉だけでも、耳にしたことがあるかもしれません。例えば私達が負債を抱えている側だとして、それをどのような形においても返済が難しい状況にあるとします。しかし、仕事は続けており、生活は何とか行えているような状況です。

本来、返済できないからと言ってすぐに裁判に発展することはなく、きちんと相談すれば今後の対応や返済に関して、新たな見通しを立てることができるかもしれません。しかし、私達がそういった対応すらしないのであれば、相手側は、やむなく訴訟を起こさざるを得なくなります。もしその訴訟に関して私達の側に異議が無いのであればその訴訟は続けられることになり、最終的に私達の給与から天引きされるという形で強制執行になることがあります。

これはもちろん例外もありますし、裁判が取り下げられることも多くあります。そして、重要なのはこれら一連の手続きに関して、費用や多くの手間が掛かるということです。例えば、債権者から見れば『弁護士からの通達』が届くことがあります。それは、いわゆる『内容証明』というもので、法的な拘束力自体はありませんが、より強いメッセージ性を持つものとなります。