費用と得られるメリットを考える

『債権者』という立場から見れば、当然、債権のことについて訴訟を起こされたくはない、と考えます。しかし、もしかすると特別な事情により、支払いができない状況が続いており、それが心理的な負担になって、連絡が取れない状況が続いているのかもしれません。『請求』する側から見てみると、債権を回収できていないということは、もちろん損失状態となっていますからそのような状況が続くのは芳しくありませんから、一刻も早く債権を回収したいと思っています。

しかし、方法によってはさらに事態を悪化させてしまうことがありますから、すぐに訴訟、差し押さえ、強制執行、という訳にも行きません。できればすぐに支払えないとしても、相談によってベストな方法を模索したい、と思っています。

弁護士に債権回収が依頼できることを知っておくなら、請求を行っている側は、負担や費用を軽減することができます。債務を抱えている側が、請求を行っている側が弁護士に依頼したということが分かれば、今すぐではありませんが、最終的には訴訟を起こす準備ができているということを知り、何かしら対応が求められることを知ることができます。弁護士に依頼するということは、このようなメリットもあります。

参照サイト〈弁護士法人アディーレ法律事務所
債権回収の対応を行っている法律事務所のサイトです。